• かつおの出汁をとります。多い目にお鍋1.5杯分。

  • 出汁に濃い口醤油を濃い目に適量。
    (できるだけ旨い醤油を、一角武は小豆島の丸島しょうゆ濃い口を使っています)

  • お酒、黒砂糖を少々。もうお出汁はこれだけです。
    少し濃いめに作ってくださいね。
    あとは、すき焼用の鉄鍋!なければ土鍋でもいいです。


    お野菜はできるだけ太い白ネギ、これを3〜4センチぐらいに輪切りするだけ。
    そして、大根、人参の千切りを用意してください。
    市販のスライサーに千切りする機能が付いているものを使うと便利です。
    お好みで水菜もおいしいです。

    後は上質なすき焼き肉、もちろん、「肉のいろは本店」の国産黒毛和牛めすの処女牛。
    今回はウデの部分、ミスジの霜降りがあっさりしてふくよかな風味です。
    この部分は400キロの牛でも10キロとれるか取れないかの貴重な部位。
    すき焼きにとてもよく合います。
    お鍋で沸かしたおだし出汁にお肉を入れて「約8秒」で食して見てください。
    お好みでとき卵につけてもおいしいでしょう。
    2〜3枚お肉を食べて、あとは白ネギ、大根、人参の千切りを、お好みで水菜を少し入れて
    食べてみてください。お肉のお出汁で野菜がおいしくなっているはずです。
    お気づきでしょうが、だし入りの味付けしゃぶしゃぶみたいなものですが、
    お肉の味を最大限に生かしたシンプルかつ美味なお肉料理です。
    よく「しゃぶすき」とか言われますが、あっさりと「しゃぶしゃぶ」。旨味の「すき焼」の中間ぐらいですね。
    今までの「すき焼」は甘すぎると思います、一口目はいいのですが、後は味が濃厚過ぎて多くは食べられません。           いろは流すき焼は「あっさりおいしい」のです。
    ぜひ、ご家庭で国産の黒毛和牛肉をおいしくお料理してください。

    その他お野菜の切り方を変えるだけでまた一味違ったすき焼きになります。
    【例1】大根と人参を10センチ×3〜4センチぐらいにカットしてスライサーとかピーラーで薄くスライスします。
    しゃきしゃき感が楽しく見た目もきれいなすき焼きになります。
    【例2】笹がきごぼうを入れて白ネギも一度お試し下さい。

    すき焼きのしめにはやっぱり麺が合います。うどんかおそば! 
    残りの出汁にそのままぶち込んでください。味付けはいりません。
    ご家庭でいろいろ試してください。

     

     


美味しいすき焼き用のお肉はこちらから
⇒すき焼き売り場へGo!

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

一角 武

「とことんまでやろう!」って、スタッフとも決めてます
常に美味しいお肉を追求しています美味しいものが大好きな社長は風体こそ怪しいが、 中身はくそまじめな人間です。 常に美味しいお肉を追求しています。

「肉のいろは本店」のお肉の詳細はHPからチェック!
↓↓


親父の代から肉屋やってますが、親父もグルメで 小さな頃からいろんな銘柄の牛、豚、鶏、ヤギ、羊、馬、鹿、猪‥‥、 あらゆるお肉を食べさせていただきました。


そして日本中の美味しいと言われるお肉を食べつくし、たどり着いたところで、
熊本のメスの黒毛和牛
沖縄の琉球ロイヤルポーク
山形の平田牧場三元豚


を選びました。特に、黒毛和牛はメス牛しかお売りしません。 なぜなら、メス牛が一番美味しいからです。
風味・食感・香り・甘み・旨みどれをとってもオス牛にはない繊細な味。 「オス牛を売れ!」といわれても置いていないのです。